動画投稿者という職業!実際のところどんな仕事?

好きなことで生きていく。その謳い文句に魅せられた方は数多いのではないだろうか。
好きなこと、ゲームや歌を歌って楽にお金がもらえるならどんなにいいか。
この記事では動画投稿者とはそもそもどんな仕事なのかということを実際のYouTubeの仕組みなどに触れて解説していこうと思う。

まず、そもそもYouTubeには広告収入という仕組みがある。これはほかの人も多く紹介しているためご存知の方も多いかもしれないが、簡単に原理を解説しよう。
動画投稿者が投稿した動画に企業がお金を払って広告を掲載してもらう。それによって広告が表示された分だけ動画投稿者にお金が払われる。というのが実際の仕組みだ。
しかし、実際のところ企業はお金を払ってまで、何故広告を打ち出すのか。そういった疑問も湧いてくるだろう。
そこで、実際の場面を想定して、動画と広告の有用性を考えてみよう。
まず、動画投稿者が「料理についての動画」を投稿したとする。当然、視聴者は「動画で作られている料理の作り方など」を注視しながら動画を視聴するわけだが、そこに広告として「料理レシピを教えるアプリ」というCMが流れたとする。視聴者は料理について知りたいわけだから、当然そのアプリに興味が向くはずだ。
そういった背景もあり企業は動画投稿者にお金を払ってお金を出すのだ。(なお、Googleのサービスによって動画の視聴履歴などから動画の内容にマッチした広告が表示される)

しかし、広告によって企業が潤うためには、動画投稿者にある程度のクオリティが求められる。
何故なら、無名の動画投稿者の動画にお金を払ってまで広告を掲載するのは動画が再生されるかもわからないため、非常にリスキーなのだ。
近頃YouTubeの収益化のための基準強化があったのはこのためである。(チャンネル登録者1000人以上かつ1年間の総再生時間4000時間以上でないと動画投稿者にお金が入らない)

そもそも動画投稿者においてチャンネル登録者が100人を超えるのは0.1%だといわれているが、実際はチャンネル登録者1000人を超えないと収益にならないことを考えると、動画投稿者は決して楽な仕事だと言えない。

簡単な話、動画投稿者はTV番組制作をすべて一人でやっていることにほかならない。
確かに、好きなことでいきていくという言葉は間違いではないし魅力的ではあるがそれ相応の努力が必要なことをゆめゆめ忘れてはいけないと私は思う。